V O Y A G E FOR LIFE

  •  

LIFE DIARY「ことばのちから」

最終更新: 2018年5月19日

”私が探していたのは、この地に生きる人々にとっての光ではなく、破壊されてしまった街を前にする、その苦しみから逃れたい自分にとっての希望だったのだ。"(引用)


東北大震災から7年、安田菜津紀さんが「Webでも考える人」”震災から7年「明るい話題を」に思うこと”に書かれていた、問題提起も含んだとても良い文章を目にしました。



私は震災直後の仙台でこんな経験をしたことがあります。

仙台駅前の通りを姉と二人で車で移動中だった際、駅のいつもはちょうど新幹線のホームが見えるあたりにものすごく大きな横断幕らしきものが掛けてありました。

そこには、それこそたいへん大きな文字で「がんばろう!」と書かれてあり、普段から「がんばる」という言葉自体が苦手だった私は、「がんばろうってあまり好きじゃない、なんかやだねあれ」と姉にこぼしました。すると姉は、「でもあれを見て駅や建物の復旧にがんばっている現場の人たちが毎日、励まされるって言ってたよ。よし最後何とかがんばるかって思うって。」私は姉の言葉を聞いて、自分の無知さに途端に恥ずかしくなりました。普段自分が苦手というだけで簡単にイヤだと言い放ったその言葉は、心底がんばっている誰かにとっての日々を支えてる言葉でした。その時、何だかとても申し訳ない気持ちになりました。当時実家は被災しましたが、その時私はもうすでに仙台には住んでおらず、むしろ実際に被災した当時者ではありませんでした。

ないがしろにされてはいけない、本当の当事者は誰なのか。

安田さんの文章を読んで、何だかこの仙台駅での経験が思い出されました。


私は詩を書いていますが、言葉をあまり信用しておりません。音楽の方が素敵だと思っています。それは言葉は、思いや感じたことのほんの一部分しか到底伝えられないものだと思っているからです。でも、先程のように場合によって、時に人は言葉に強く影響を受け、そして影響を与えるものだとも感じます。普段ふと誰かから言われた何気ない一言で救われたりすることもあるし、またその逆もあったりします。

そしてもう一つ言葉の持つ力として、本当に伝えたいこと、心からの言葉もまた相手に必ず伝わるように思うのです。考えれば、例えば母から言われた「がんばってね」は同じ言葉でも、何だか本当にがんばれる気さえしてくる時がありました。


今、私はもしまたどこかで「がんばろう」という横断幕を見たならば、もしかしたらこれを見て励まされる方もいるかもしれない、と少なからず広い視野で見ることができます。


日常に溢れている言葉たち。

言葉はもちろんすべてではないけれど、少なくても他者とそして自分自身にも影響力を含んで存在しているものだと感じます。




「The Power of Words」


"What I was looking for was not for the people living in this area, but for me who wanted to escape from their suffering, in front of the destroyed city."

In the seventh year since the Tohoku earthquake, I saw a very good sentence including the raising of a problem written by Natsuki Yasuda.

I have experienced this in Sendai just after the quake. When I was riding a car in front of Sendai station with my older sister, the station was always hanging around a very big banner near the shinkansen home. There was written with that very large letter "Let's do it!" I usually do not like the word "Let's do it" as I was not good at saying, "I do not like this word, I do not like that something," I said to my older sister. Then my older sister said, "Even though we saw that, people at the site restoring the building and buildings were said to be encouraged everyday. I felt ashamed of my ignorance as soon as I heard my sister's words. That word that I said that I'm not good at everyday simply because I'm not good at it is, to someone who is doing my best.


The Power of Words.

Language is because I think that only a fraction of what I felt and felt could be totally transmitted. However, depending on time and occasion as before, the words strongly influence people feel. Now, if I see a banner somewhere 'Let's do it', there may be people who encourage me to look at this, I can also see with a wide mind to try it.

And , "I do my best" from my mentally trusted mother, I will even feel like I am going to do my best. The words from my heart are certainly conveyed. To the size of the words I have, I feel like I'm tight again.

I am writing poetry, but I do not trust the words very much. I think music is wonderful. Language is because I think that only a fraction of what I felt and felt could be totally transmitted. However, depending on time and occasion as before, the words strongly influence people feel. Now, if I see a banner somewhere” Let's do it'', there may be people who encourage me to look at this, I can also see with a wide mind to try it. And "I do my best" from my mentally trusted mother, I will even feel like I am going to do my best. The words from my heart are certainly conveyed. To the size of the words I have, I feel like I'm tight again.

At the time my home was affected, but at that time I have not lived in Sendai already, it was rather a person who actually suffered a disaster. I read the sentence of . Mrs.Yasuda above, and somehow I remembered the experience at this Sendai station.

94回の閲覧

    ©  Voyage for Life.