V O Y A G E FOR LIFE

  •  

POEM『おもかげ』


落ち葉の遊歩道へ出て

カフェへと向かった

空は晴れていて

遠くの山までよく見えた


店には珈琲の良い香りが漂っている

小さな図書室のような空間に

それぞれの時間が流れていた


いつ忘れてしまったのか

あの日のおもかげを

いつ始まったのか

この宇宙は

宛先のない手紙を書くように

月日は流れ

木々が

冷たい風に吹かれて揺れている

この永遠に

季節は寄り添うだろう

いつも

あなたのとなりで



『OMOKAGE』Behind of memories


Leave the pedestrian walkway,I headed to the cafe.

The sky is sunny

I could see the mountains far away


A good scent of coffee is drifting in the shop

In a space like a small library

Each time was flowing


When did I forget?

The memories of that day

When did it start universe

Like writing a letter without a destination

The month and day will flow


The trees are shaking while being blown by a cold wind

Eternally

The seasons will be close together always next to you





0回の閲覧

    ©  Voyage for Life.